過去の留学生活報告(BSA IV 大連外国語学院 Vol.3) 大連外国語学院での留学生活報告(2009年度 2回生・女性)

※「大連外国語学院」は「大連外国語大学」に名称変更となりました。

初心忘るべからず

【2009年11月18日掲載】

山に建つ建物ショッピングモール広場の風景 2009年9月2日から1年間の留学がスタートしました!このBSAプログラムに参加したきっかけは、昨年の夏にBSAに参加し、北京に1ヶ月の留学をしたことです。帰国後もっと中国語を話したい、マスターして中国人とも対等に語れるようになりたいと思い、BSAに参加することにしました。もともと両親の仕事の関係で14年ほど海外に住んでいた経験はありましたが、一人での海外というのは人生で初めてでとても緊張していました。しかし、実際来てみると大違い。毎日が新鮮で北京とはまた一味違う良さが大連にあり、本当に楽しい日々を送っています!!大連は、中国らしい街でもありますが、ロシア人街や、日本人が建てた家々など日本では見れないような景色ばかりです!! 授業はまだまだ来たばかりで本当に聞き取れなくてへこむ毎日です。特にリスニングは一番難しく授業についていくだけでも必死です。しかし、自分のペースでその壁を乗り越えていきたいと思っています。そして来年の夏に控えているインターンシップに向けて、着実に頑張っていきたいと思っています!留学は始まったばかりですが、初心忘るべからず!をモットーに有意義な毎日を送っていきたいです。

半年を終えて

【2010年2月16日掲載】

雪食堂 1月3日、大連は−13℃でとても寒いです・・・。市内にある労働公園では、スキー場ができていたり、池が凍っているのでスケート場になっていたり・・・という状況です。マイナスを体験するのは人生で初めてだったので耐えられるか不安でしたが、耐えないと動けないので何とか頑張っています。この9月から1月までは本当にあっという間に過ぎていきました。何も分からず、全てが手探り始まった留学生活は早くも4ヶ月目を迎えました。大連での生活で思ったのは、とにかく楽しい!!ということです。新しいことを発見し、それが自分にとって知識になります。日本にいて勉強するのとではまた違う面白さがあります。しかし日本ではあり得ない?話・・・なぜかタクシーの運転手に拒否権があります。運転手の行きたい方向と違う場合、無理だとはっきり断られ窓を閉められます。正直切ないですが、逆に根性がつきました。中には外国人に興味を持ってくれていろいろと話しかけてくれる運転手もいるので、ご安心を・・・。街の人たちと話すのが一番自分のコミュニケーション能力を向上することができるので、これからもどんどん積極的に話していきたいです。残り半年も充実した留学生活を送りたいです。

留学してよかった!^^

【2010年7月21日掲載】

薄暮の街 去年の9月から大連に長期留学しています。大連の夏は日本と変わらないほど暑いです…。毎日外に出るだけで溶けるーー!と思うほどですが、あっという間に留学も終わりに近づき、あと2週間で学校も終わりとなります。異文化理解や楽しいとき一緒に笑いあって、頑張るときは一緒に頑張り、悲しいときは励ましてくれる大切な各国の友達、壁に直面しても解決して強くなった自分自身の精神面。1年間は長いようで本当に短かったですが、語学だけでなく、この一年間で得られたものがたくさんあったと思います。 そして大連で本当にリラックスしながら快適な生活を送ることができました。自分の目標としている成績も残すことができ、充実した留学生活だったと思います。私は今年の夏休みも大連に残り、1ヶ月のインターンシップに参加する予定です。日本に帰れば私も大学3回生で就活生となります。海外での貴重な経験をこれからの自分に活かし、自己投資に励みたいと思います。思い切って一年の留学に申し込んで良かった、参加して良かった!!と思える一年でした ^^