BSA IV の留学生活報告中国・対外経済貿易大学での留学生活報告

経営学科 2回生 田中 百合子さん
福嶋  雄さん
2017年2月より、中国・対外経済貿易大学でのプログラムに参加
BSA IV中国

(step1.到着しました。)初の留学

【2017年3月7日報告】

留学先の風景1留学先の風景2留学先の風景3  你是哪国人?とよく聞かれることがあるが、それすらもわからない外国人にひたすら中国語で話しかけてくる人々、学校の中であるにもかかわらず感じの悪い受付の人、日本と違う食生活や車のマナーなどなど。中国北京の対外経済貿易大学にきて3週間、すでにさまざまな面白く、時に不安になるような経験をしながら日々を送っています。
 対外経済貿易大学は大学の名前にあるように経済、貿易、経営学などを専門に扱った大学で現地の学生約1000人が在籍しています。その現地学生の25%にあたる250人が海外からの留学生で韓国、ドイツ、メキシコ、フランス、アメリカなど様々な国の人が一緒に授業を受けています。同じ留学生でも学部生、学院生、研究生、博士学位が存在し、自分と同い年の人になかなか出会えない事に驚いています。ただ同じ留学生であるためみんな仲良く日々生活しています。
 北京に来て驚いたことは、思っていた以上に青い空が見える日が多いということです。日本で騒がれている、PM2.5がひどくマスクをつけなければならない、という日がそれ程多くなく、気持ちのよい生活を送ることができています。ただ、日本でもともと住んでいた大阪に比べると緯度が高いこともあり寒い日々が続いていて、早く暖かくなってほしいと願っています。これから暖かくなると北京がどう変わっていくのか、季節の移りとともに街の感じがどのように変わるのか。これからの生活が楽しみです。