BSA IV の留学生活報告フランス・ストラスブール大学での留学生活報告

国際経営学科 3回生 伊東 桃さん
伊東  桃さん
2016年8月より、フランス・ストラスブール大学でのプログラムに参加
BSA IVフランス

(step1.到着しました。)新生活スタート!

【2016年9月18日報告】

留学先の風景1留学先の風景2留学先の風景3留学先の風景4  ついにフランスに来ました!初めての一人暮らし、しかも海外ということで、生活のことや学校のこと、色々な不安を抱えながらも少しずつ慣れていっています。
 ストラスブールは街の中心まで行くと基本的に何でもそろっています。日本食屋さんも数店見かけました(美味しいかどうかはまだ知りません)。私の家は市内ではありませんが、それでもトラムに15分も乗れば中心地や学校に行けてしまいます。コンパクトにまとまった素晴らしい街です。ストラスブール大聖堂付近は特に素敵な建物が多いです。ドイツにも近いので、気軽にお買い物に出かけることができます。気候は日本より湿気が少なくて特に朝晩涼しいです。でも日差しはきつい!しかも基本的に寮やアパートにはクーラーがないみたいです。
 そして何より、ここには優しい人がたくさんいます。道を尋ねたら自分も分からないのに一緒に迷ってくれたおばさん、私たちが日本人の学生だとわかると嬉しそうにいろいろ話してくれたバスの運転手のおじさん、定期の買い方やストラスブールについてもたくさん教えてくれたフランス人の学生たち、この短い期間だけでも多くの優しさに触れ、私の生活が支えられています。私もこの留学中にフランス語をマスターしてフランス語でみんなと会話ができるようになりたいな、と改めて感じました。
 これから本格的に授業が始まっていく中でどのような人たちと出会い、どのような経験ができるのか、本当に楽しみです。この貴重な時間を無駄にしないよう、精一杯頑張りつつ楽しみたいと思っています!

(step2.もう半ばです。)フランスに馴染んできたかな?

【2017年1月23日報告】

留学先の風景4留学先の風景5留学先の風景6  フランスに来て4ヶ月が経ちました。授業がつらく感じる時期、日本が恋しくなってしまうことも度々ありました。それでも周りにいてくれる友達、先生、地域の人々、日本から応援してくれている家族、日本の友達、経営学部事務室の担当者の方々の優しさ、温かさは常に私を受け入れ、そして背中を押してくれています。言語交換をしてくれる友達やフランス語で会話をする友達もでき、少しずつではありますが成長を感じています。
 こちらで受ける授業はヨーロッパに位置する国ならではのもの、フランスを感じられるものも多くて興味深いです。ワインの知識を得る授業ではワインの製造過程やブドウ農園を見学し、実際にワインのテイスティングまでできるショートトリップもありました。日本ではなかなか出来ない体験で大変面白かったです。
 またこれまでに数人の友達や家族がわざわざ訪ねて来てくれました。一緒にストラスブール市内や他の地域をまわることでとても喜んでくれたうえに、普段の生活の中でも知らなかったことを発見できたり、忘れかけていたことを再認識したりと大変楽しくて良い経験でした。本場のクリスマスの雰囲気やクリスマスマーケットも日本では見たことも感じたこともないことばかりで毎日がわくわくでした。
 さらにストラスブールが立地的に他の国々に容易に行くことができるという利点も実感しています。こちらの学校の先生方も「たくさん旅行に行ってくださいね!」と言うほどです。しかも、バスを使えば多少時間はかかりますがとても安く済むんです!私はこれまでにフランス以外の5ヵ国を訪れましたが、どこもそれぞれの国独自の特徴、類似点を持っていて非常に面白いです。せっかくのチャンスなので残りの期間でもう少し他の国々も訪れたいと考えています。
 EMストラスブールでは1月上旬から第2セメスターに入りました。今セメスターの目標として学校の授業以外にももっとたくさんのことを吸収する機会を作るようにしています。大学で受けることができるスポーツでは自分にとって初めての競技をほかの学部の学生たちと共に練習したり、学生以外にもたくさんの人と出会うためローカルなカフェでお話しする会に参加してみたり様々な挑戦を始めているところです。これがまた楽しい!最近はより一層寒さが増して先週は最低気温が−10℃を下回る日もありました。雪が積もる日はトラムが遅れ足場も悪くなりますが、負けずに生きていきたいです。

(step3.もうすぐ帰国。) 新生活、またまたスタート!

【2017年4月2日報告】

留学先の風景7留学先の風景8留学先の風景9  ついに帰国日まであと2週間ほどです。最近は特に驚くほど速く時が過ぎていっているように感じます。この8ヶ月で苦しいことも楽しいこともたくさんありました。しかし、間違いなく言えることは、ストラスブールに来てよかったということです。フランスに来た頃の私には想像もできなかったような多くの経験をし、仲の良い友達も作ることができました。帰国日を告げた時の、友達の悲しそうな表情を思い出すと、私も涙が出そうになります。フランス人は怠惰だとか議論好きだとか様々な噂があり、実際に「確かにそうだ」と思う出来事もありましたが、それ以上にフランス人はフレンドリーで思いやりのある人ばかりです。特に日本のことが好きなフランス人に悪い人はいません!
 授業では私が学びたかったヨーロッパ、フランスならではの経営学をフランス人や他のヨーロッパ諸国から来た学生と学べたことで、私の経験値も上がり自信につながっています。休日や長期休暇には様々な国を旅し、一人でバックパック旅行もできるようになりました。どのような活動においても、ヨーロッパの良いところを学んだり逆に日本の良さを思い出したり、とにかく常に発見の連続です。
 帰国まで残り少ない期間となってしまいましたが会いたい人には会い、しておきたいことを存分に楽しむつもりです。そして帰国後はここで学んだことを日々の生活や将来の仕事においても発揮するため、これをまた新しいスタートとしてさらに成長を続けたいと考えています。
 最後の最後に、寂しいときに連絡をくれた友達、私の支えになってくれた家族、周りの人すべてに改めて感謝したいです。ありがとうございました。フランスに、ストラスブールに、必ずまた来ます!!