BSA IV の留学生活報告イギリス・レディング大学での留学生活報告

国際経営学科 2回生 西村 七海さん
西村  七海さん
2015年8月より、イギリス・レディング大学でのプログラムに参加
BSA IVイギリス

(step1.到着しました。)2週間が経ちました!

【2015年8月20日報告】

留学先の風景1留学先の風景2留学先の風景3  イギリスに到着してから2週間が経ちました。レディングの街はとても過ごしやすく、ヒースロー空港からは高速バスで30〜40分、ロンドンへは電車で30分とアクセスも良いです。レディング駅周辺には大きなショッピングモールがいくつかあり、99ペンスショップ(日本でいう100円ショップ)から寿司屋まで様々なお店があります。学校からはバスを使えば10分で行くことができます。寮の部屋にはトイレットペーパーも布団もなかったので、到着してから授業が始まるまでの3日間はひたすら買い物をしていました。物価が高く、日本よりも低品質なのに値段は2倍します。一人暮らしをしたことがなかったので、生活用品を揃える大変さを実感しました。キャンパスはとても広く、小さな湖があります。
 授業では、最初の1ヶ月間は英語を中心に学びます。クラスには私たち日本人だけでなく、中国人、サウジアラビア人がいて文化の違いについて話し合うこともあります。今は夏季休暇ということもあり、キャンパスには大学院生、留学生が多いですが新学期が始まると現地の生徒でいっぱいになるそうです。
 イギリスでしか体験できないことや、レディング大学でしか学べないことなどをたくさん吸収していきたいと思います!

(step2.もう半ばです。)あっという間に留学後半に入りました!

【2015年12月11日報告】

留学先の風景4留学先の風景5留学先の風景6  約1ヶ月の夏季講習と約3ヶ月の第一学期を終え、1ヶ月の冬休みに入りました。
 9月に学期が始まると授業が多く、慣れるまでは予習、復習、課題をこなすことに時間がかかりました。特に経営学と経済学の内容は、専門的な言葉が出てくるので理解することに苦労しました。10月の後半になるとやっと生活に慣れ、クラスメイト、フラットメイトともより仲良くなり一緒に食事をすることも増えました。11月は中間テストの結果と伸びない英語力に落ち込んでいるうちに期末テストの勉強に追われていました。無理だ、と諦めそうになっても、いつも励ましてくれるのが特に仲の良いマレーシアとギリシャから来ているフラットメイトで、友達の存在って本当に大切だと実感しています。
 今振り返ってみると本当にいっぱい考えた4ヶ月でした。この8ヶ月の留学をどう有効活用しようか、どうすれば英語力を向上することができるのか、将来の目標に向けて今何をすべきなのか、ひたすら考えていました。それでも結局は正解なんてわからなくて、なかなか思ったように結果が出ない時は本当に悔しい思いもしました。
 今まで自分の現状と将来についてここまでしっかりと向き合っていなかったことを反省し、またこういった機会を持てることが留学の魅力なのだと実感しています。時々、自分の意識が変わっているな、と感じることがあります。留学する前の自分なら知らなかったこと、考えなかったこと、行動しなかったことに挑戦し、失敗しながらもチャンスを掴むことが出来ることがあり、少しずつですが成長しているのではないかと思います。
 これまでの4ヶ月は全力で取り組みました。それでも目標にはまだまだ届いていなくて、努力も勇気もまだまだ足りていないことを反省し、残りの4ヶ月は悔いの残らないよう今まで以上に頑張りたいと思います。

(step3.もうすぐ帰国。)帰国まで2週間です!

【2016年3月13日報告】

留学先の風景7留学先の風景8留学先の風景9  とうとう残り2週間となりました。初めてイギリスに来た日、わくわくと同時にとても不安で、8ヵ月も生きていけるのかと思ったことが懐かしく、振り返ってみると辛いことも楽しいこともたくさん経験したなと思います。日本と違うことばかりで驚きでいっぱいだったイギリス生活にも今ではすっかり慣れ、今は本当に日本に帰るという実感がなく、友達に帰って何をするのか聞かれる度に、もうすぐここを離れるのだと思い知らされます。
 留学生活後半は授業の課題が一気に増えました。特に、ビジネスの授業ではグループでのプロジェクトがあったのですが、自らデータを集めミーティングをしなくてはならず、私はヨルダン、ガーナ、香港出身のクラスメイトと同じグループだったため、授業に対する姿勢がバラバラで初めはとても苦労しました。ですがそれぞれの長所を活かすことでみんなが積極的に取り組めるようになり、グループワークの面白さを見出すことができました。
 授業以外では、友達と過ごす時間も大切にしつつ、なるべくロンドンに足を運ぶようにし、TEDのボランティアスタッフやハイパージャパンという日本の文化を紹介するイベントにも参加しました。冬休みにはロンドンに2週間滞在し、ホームステイをしながら、日本食を発信されている企業で勉強させていただき、レディングにいるだけでは経験することのできないことに挑戦することで新しい発見があり、自分の中での様々なイメージが大きく変わりました。
 残りわずかですが、友達との思い出も大切にしつつ、学期末課題とテスト勉強に励みたいと思います。この留学生活はたくさんの方々に支えていただき頑張ることができました。本当にありがとうございました。