BSA IV の留学生活報告フランス・エセムビジネススクールでの留学生活報告

国際経営学科 2回生 小川 結華さん
小川  結華さん
2015年7月より、フランス・エセムビジネススクールでのプログラムに参加
BSA IVフランス

(step1.到着しました。)フランスでの初めての生活

【2015年9月16日報告】

留学先の風景1留学先の風景2留学先の風景3  7月下旬からフランスのPoitiersにあるESCEM Business Schoolに留学しています。Poitiersは小さな街ですが、人々が優しく治安も良く、とても過ごしやすいです。移動手段としては基本的に歩いていますが、バスに乗ることも可能です。また一つ道を間違えると迷子になってしまうので、道を確かめることがとても大事です。Poitiersは坂が多い街で、学校に行くにもスーパーに行くにも約20分かかり、慣れない徒歩生活に最初は筋肉痛になり、朝起きると歩けないこともありました。
 最初の1週間はオリエンテーション期間で、留学生約60人と過ごしました。オリエンテーション期間にあった授業ではチーズを味見することができ楽しかったです。授業は日本と全く違い最初は戸惑いました。1つの授業は5回しかないですが、1日に6時間もあり、集中力を保つのがとても難しいです。授業日もランダムなので、最初に配られる紙を見てスケジュールをチェックします。週によっては全く授業がない週や、週4回もある週があったりするので、計画的に勉強する必要があります。フランス語の授業は毎週火曜日の1回1時間30分と決まっており、他の授業とフランス語の授業が被ると、朝から夕方まで授業を受け、その後夕方5時半から7時までフランス語の授業なのでとても大変です。しかし、先生は面白い人が多く、興味深い授業が多いです。
 休みの日などは、友達と違う街に遊びに行ったり、友達の寮に遊びに行き一緒に料理を作ったりして楽しんでいます。留学生もアジアやアメリカ、ヨーロッパなど様々な国から来ているので、それぞれの国の料理や文化を教えあったりして交流しています。
 まだまだ慣れない生活に戸惑うこともありますが、残りの留学生活も頑張り、充実した留学にしたいです。

(step2.もう半ばです。)1セメスターが\\終わって

【2015年12月18日報告】

留学先の風景4留学先の風景5留学先の風景6  8月の後半から始まったフランスでの留学も半分が過ぎようとしています。今この4ヶ月を振り返ると、とても早かったと感じています。最初フランスに着いた時は全てが新しく、とまどったこともありましたが、今ではフランスでの生活にもだいぶ慣れ、毎日が楽しくなってきました。何もない日にゆっくり街を探索すると、今まで気づかなかったお店なども新しく発見し、普段過ごしているのに気づかないPoitiersの良いところがたくさん見つけられます。
 また、日本にいた頃には経験したことのない一人暮らしにも少しずつ慣れてきて、余裕が出てきました。学校生活では、全ての授業でグループを作り、最終日に行うプレゼンテーションに向けて準備をします。違う国に生まれ、違う文化の中で生活してきた他の留学生とのグループワークは大変な時もありますが、毎日学ぶことがたくさんあり、充実した交流をすることが出来ています。また、学校のチアダンスチームに入り、毎週火曜日に行われるチアダンスの練習にも参加しています。
 もちろん、楽しいことばかりではなく、大変なこともたくさんあります。しかし、それも良い経験と考え、乗り越えています。1セメスターで帰ってしまう友達が多いので、この時期は悲しいことが重なりますが、新しい出会いを大切に、日々精進していきます。

(step3.もうすぐ帰国。)フランス留学終盤

【2016年5月17日報告】

留学先の風景7留学先の風景8留学先の風景9  いよいよ帰国が近づくにつれ、友達との別れが多い時期になりました。私が取った授業の最終日が5月下旬なのに対し5月上旬で帰ってしまう友達が多く、早めにfarewell partyを開きました。パーティーをした時は実感がなかったのですが、周りの友達がだんだん少なくなっていく度に別れを感じるようになり、日々さみしい思いをしています。
 この約1年間のフランス留学を振り返り、良い意味でも悪い意味でもたくさんの事を得られたというのが率直な感想です。まず、勉強面では自分の力不足に改めて気づき、自分の課題点を見つけることができました。また、学校生活や普段の生活では、日本にいるだけでは当たり前で気付かないことに気付き、日本の素晴らしさ、自分がどれだけ恵まれた環境にいたか、など考えられたことが1番得られたことではないかなと思います。もちろんビジネスについてもたくさん学ぶことができました。しかし、勉強面ばかりではなく、それ以上に成長できた部分がたくさんあると感じています。
 留学は楽しいことばかりではなく、もちろん辛かった時期や大変だった時期もありました。しかしそのような経験を通して学んだことは多く、どの経験もとても貴重です。フランスに来て、そういった経験をすることができて本当によかったなと素直に思えます。今後のことはまだ具体的に決まっているわけではありませんが、この経験を忘れず、これからの未来に繋げていく事ができればと思います。