BSA II の留学生活報告中国・大連外国語学院での留学生活報告

経営学科 2回生 藤崎 夏妃さん
藤崎 夏妃さん
2019年9月より、大連外国語大学でのプログラムに参加
BSA II中国

(step1.到着しました。)中国での留学生活が始まりました。

【2019年9月26日報告】

留学先の風景1-1留学先の風景1-2留学先の風景1-3  中国に来てもう3週間が経ちました。最初に来た時は周りに何があるのか、どうやって生活していくのかも分からなかったのですが、今はだいぶ生活に慣れてきました。

 大連外国語大学に来た最初の日は、説明をしてくれるような人もおらず、拙い中国語を使って周りの人達に聞き、入寮の手続きや携帯電話の契約などをしました。この大学では最初に案内をしてくれる人もおらず、また案内してもらう機会もないので、いろんな人に話しかけて、友達を作ったりして情報を自分で入手する必要があると思います。留学が始まって数日が経った頃に、大連外国語大学から現在立命館に交換留学生として来ている中国人の友達が2人、帰省に合わせて大連外国語大学に来てくれて、大学内やその周辺を案内してくれました。大学の中には食堂が3つあり、果物屋やスーパー、文房具屋、タピオカなどを取り扱っているお店などがたくさんあり、大学が1つの街のようになっています。大学の近くには「海鮮街」という大通りがあり、そこに飲食店が集まっていて、夜はたまに友達と海鮮街の火鍋や串焼きなどを食べに行っています。また、大学の近くにジムがあり、半年で4,000円しない程度の値段で利用できるので、たまにジムにも行っています。

 中国語の講義が始まる前にクラス分けテストを受けますが、いろんなクラスの授業を体験できる期間があるので、その期間に別のクラスの授業にも参加して、自分に合うクラスを決めることができます。様々な国からの留学生がいますが、特に韓国とロシアがとても多いです。私のクラスにはスーダンやパキスタン、ベラルーシなど、普段日本では交流する機会があまりない国の人たちがいて、お互いの国について知る事が出来るのでとても面白いです。中国人の友人は、寮の前にある公園や食堂などで話しかけられたり、そこから友人の輪が広がったりして自然とできました。私は中国語の読み書きよりも中国語をたくさん話したいので、中国人と勉強をしたりご飯を食べに行ったり、また一緒にスポーツをしたりして中国語を話す練習をしています。

 大連市内まではバスで1時間かかるのでまだあまり行けていませんが、生活にも慣れて来たのでこれからもっといろんな場所に行こうと考えています。