BSA II の留学生活報告ドイツ・アーヘン応用科学大学での留学生活報告

国際経営学科 3回生 藤川 紗衣さん
藤川 紗衣さん
2019年9月より、アーヘン応用科学大学でのプログラムに参加
BSA IIドイツ

(step1.到着しました。)留学スタート

【2019年9月27日報告】

留学先の風景1-1留学先の風景1-2留学先の風景1-3  こんにちは。アーヘン応用科学大学に留学している藤川紗衣です。留学開始から早くも3週間以上が過ぎました。アーヘンは街並みが綺麗で、学生が多く物価も安いため、とても住みやすい街です。思ったよりも英語が通じないことや、寮費に関してのトラブルなどで辛い時もありました。しかし、現地のバディや、仲良くなった留学生達、一緒に来た日本人2人に助けられながら乗り超えることができました。

 今は少し大変だったドイツ語集中講義も終わり、本格的に経営の授業が始まるまでの休暇期間です。ドイツ語集中講義は、8時30分から12時45分まで2週間行われました。ヨーロッパ圏、韓国、台湾、アメリカなどの国々から来た留学生がいて、とても国際色豊かなクラスでした。授業はほとんどドイツ語のみで行われるため、ついていけないと感じることもありましたが、私の寮では私以外ドイツ人の学生しかいないということもあり、少しでもドイツ語を話せるようになりたいという思いがあったため、毎日少し早めに登校し、ドイツ語が少しできる留学生や先生に分からないところを教えてもらううちに、徐々に理解でき、楽しめるようになりました。最近ではドイツ語講座で仲良くなった留学生達と、September Specialというお祭りに参加し、アーヘンからバスで30分ほどのオランダにも訪れました。

 最後に、私は3回生ということもあって、就職活動のことも少し気にしてしまうのが本音です。しかし、今年度から「マイナビ国際派就職」という、留学中の学生がSkypeを通して企業の方と面接ができるという方法を知り、私も挑戦してみようと思っています。なので、この報告書を読んでいて、「3回生からの留学は就職活動のこともあり不安……」と思っている方も、留学しているからこそできる就活の方法もあるので、是非挑戦してみていただきたいです。