BSA IV の留学生活報告ドイツ・アーヘン応用科学大学での留学生活報告

国際経営学科 2回生 小林 禎幸さん
小林 禎幸さん
2018年9月より、ドイツ・アーヘン応用科学大学でのプログラムに参加
BSA IVドイツ

(step1.到着しました。)初めてのヨーロッパ! 初めての一人暮らし!

【2018年9月28日報告】

留学先の風景1-1留学先の風景1-2留学先の風景1-3留学先の風景1-4  こんにちは!アーヘン応用科学大学に留学している小林禎幸です。いよいよ留学が始まると思っていたら、台風の影響で関西空港が使えないというアクシデントにいきなり巻き込まれてしまいました。先行き不安ながらも代わりの飛行機を手配してもらい、なんとかこちらに着くことができましたが、僕にとっては初めての一人暮らしなので、初めての洗濯、学校での調理実習以来の料理など不安がいっぱいです。家の近くに数種類のスーパーがあり、バスに乗れば町の中心にある大きなショッピングセンターにも簡単に行くことができるのであとはインターネットで調べたレシピを真似して頑張ってご飯を作りたいと思います。洗濯は寮にある洗濯機を予約しないといけないので少し大変です。使いたい時に空いてないということもあります。
 そして一番大切な勉強のお話です。今はまだ夏休みということでドイツ語講座が朝から昼まであるのですが、だんだんと出席者が減っているような気もしますが、ここで一緒に行くのをやめてしまえばドイツに来た意味がないので今が頑張り時と思いしっかりと授業に参加しています。
 とはいえ息抜きもないとやっていけないので週末はクラスメイトと一緒に近くの大きな街にいって遊んでいます。この前はバスで一時間程のオランダの街に行ってきたのですが、ここにはなんとIKEAがあり、やはり知っているお店を見ると安心して財布のひもも緩みがちになるようで、欲しいと思っていながらサイズすら調べてこなかったカーテンを買ってしまい無駄になってしまいました。次に行くときは欲しいものを決めてから行こうと思います。と、こんな感じで案外一人で過ごすことができてひとまずほっとしています。2週間後にはいよいよ正規の授業が始まるので、しっかり切り替えて頑張ります。

(step2.もう半ばです。)留学とかけて胃腸薬と解くその心は……

【2019年2月20日報告】

留学先の風景2-1留学先の風景2-2留学先の風景2-3  皆さんに少しでも興味を持ってもらうためにタイトルから遊んでみました。しょうもなくてすみません。これの答えは次の報告書で書こうと思います(忘れていたらごめんなさい)。
 日本と同じで今年はドイツも暖冬で、まだ数回しか雪を見ていません。寒がりの僕からすればありがたい話なのですが、少し残念な気もします。先日1セメスター目のテストも終わり、もう留学生活の半分が終わってしまったということに驚いています。半年で留学を終える先輩や友達も帰国してしまい、別れの季節なのだとしみじみ感じています。
 この報告書は将来留学に行きたいと思っている人が「留学ってどんなものだろう」、「どんな生活を送っているのだろう」という気持ちに応えるために書いていると思っているので、そういった話題について書こうと思います(事務室の皆さん間違っていたらすいません)。では勉強のことから。こちらの試験は基本的に論述です。僕たちは電子辞書の持ち込みが許可されていましたが、それでも授業で学んだ内容は多くてなかなか覚えられず時間も足りませんでした。さらに、自分の考えを書く問題などもあり……、書き出したらキリがありません。休みの日は何をしているか、日常はどのように生活しているかなんて書いたら何文字になるかわかりません。なので、これからアーヘンまたはドイツに留学したい人、興味があったら事務室に直行するか友達に聞くなりして僕に連絡してきてください。「なに言ってんねん、ちゃんと留学生活まとめて報告せんかい」と思う人もいるでしょうが、ただ報告書を読むだけよりも実際に連絡して聞きたいことを聞くほうが自分の知りたいことも質問できるし、より多くの情報を手に入れることができます。そのほうが自分のためになると思いませんか?知りたいことや聞きたいことがある時は自分から動かないと手に入れられません。これは僕がドイツに来て学んだことの一つです。当たり前のことですがこれが結構難しく、意外と勇気がいるし、初めの一言を考えるのも難しいものです。ですが、必ず自分のためになります!「自分から行動する」ということが、単純ですがすごく大切です。
 では、読んでいただきありがとうございました。また次の報告書でお会いしましょう。

(step3.もうすぐ帰国。)これから留学する方に頭の片隅に置いてほしいこと

【2019年7月3日報告】

留学先の風景3-1留学先の風景3-2留学先の風景3-3  皆さんこんにちは!アーヘン派遣者の小林です。この前のレポートのなぞかけの答えは、せいちょう(成長/整腸)です。今考えるとなんでこんなことしたのか自分でも不思議で仕方ないです……。
 はい!ということで最後のレポートです。約1年の留学生活がついに終わってしまいます。振り返ると色々なことがありました。早く帰りたいと思っていた時期もありました。実際に、今も「やっと帰れる」という嬉しさと「もう終わってしまう」という悲しさの間をふらふら彷徨っています。この1年間で様々なことを経験し、見てきました。そして、人間的に成長することができた気がします。よくある感想ですが本当にそう思います。
 このページを読んでいただいているということは、少なからず留学に興味があるのだと思います。そういう方はぜひ留学に行ってみてください。他のBSA経験者や留学プログラムに行った方のレポートを見てもいいことばかり書いてあるはずです。なんとなく行きたいとか、旅行をたくさんしたいとか、理由は何でもいいので、行動に移してみてください。やっぱり自分から動き出さないと始まりません。もちろん行く前、留学中、帰国後に大変なこともありますがそれも含めていい経験になります。
 長々と書きましたが、読んでいただきありがとうございました。