BSA IV の留学生活報告イギリス・レディング大学での留学生活報告

国際経営学科 3回生 小村 愛美さん
小村 愛美さん
2018年9月より、イギリス・レディング大学でのプログラムに参加
BSA IVイギリス

(step1.到着しました。)すべてが新鮮で刺激的な日々

【2018年10月13日報告】

留学先の風景1-1留学先の風景1-2留学先の風景1-3  経営学部国際経営学科3回生の小村愛美です。渡英してから約3週間になりますが、感覚としてはすでに1ヶ月以上経った気がします。毎日新しいことの連続で、体力に自信のある私でもなかなか体が追いつかない日々です。でもそのくらい充実した時間を過ごせているのだと思います。
 私は留学自体が初めてだったため、留学経験のある友人に渡航前片っ端からアドバイスをもらい用意周到で来たつもりでしたが、自分自身の準備が全く出来ていなかったことに気づかされました。最初に到着したのは寮。フラットメイトは私を含めて6人なのですが、そのうち4人はイギリス人の女の子たち。レディング大学はアジア人の留学生もかなり多く、特に中国人は群を抜いて多いのですが、やはり中国人同士で行動することも多く、留学生の友達も寮内で中国語が飛び交うこともしばしば・・・と聞いていたので、「やった!イギリス英語を勉強できるいいチャンス!」と思ったのも束の間、イギリス英語はとにかく話すスピードが早いことや、方言のあるイギリス人も多く、本当に何を話しているのかわからないという、根本的な問題にぶつかりました。イギリス英語とアメリカ英語は違うというのはよく言われていることだと思います。もちろん私も知っていたのですが、まさかここまでわからないとは思わず……。渡航前イギリス英語にもっと触れていれば良かったと後悔しました。やはり準備は大切です。学校が始まってからは同じプログラムの留学生たちと仲良くなり、そこでの会話は成立したので今後の私の課題はスムーズな会話とイギリス英語だなと実感しました。
 学校生活では、毎日様々な国の人(マレーシア、フランス、イタリア、シンガポール、ウクライナ、アルゼンチン、台湾など)とともに過ごしています。今まで知らなかったことや文化の違いに触れながら日々刺激的な日々を素晴らしい友人たちに恵まれながら過ごしています。先日は”AWAYDAY”といってプログラムの人たち全員と自然の中でゲームをしたりして交流を深めるイベントが開催され、そこでもまた国際交流をすることができました。
 授業は今週から本格的に始まりましたが、聞き取ることだけで精一杯でノートを取るところまで追いつかない場合もあります。友人たちが助けてくれているのでなんとかなっていますが、自力で授業に追いつけるようになること、また積極的に発言して授業に参加していくことを目標に、日々頑張っていこうと思います。