BSA IV の留学生活報告スウェーデン・ストックホルム大学ビジネススクールでの留学生活報告

経営学科 3回生 中山 亜蘭さん
中山 亜蘭さん
2018年8月より、スウェーデン・ストックホルム大学ビジネススクールでのプログラムに参加
BSA IVスウェーデン

(step1.到着しました。)Fika! Fika! Fika! Fika! Fika! Fika! Fika!

【2018年9月8日報告】

留学先の風景1-1留学先の風景1-2留学先の風景1-3留学先の風景1-4留学先の風景1-5  YOLO!(よろ!)
 ストックホルム大学に交換留学生としてこれから約一年過ごす予定の中山亜蘭です。到着してからこの文章を書いている今日までで、約2週間経過しました。ちなみにYOLOというのはスウェーデンとは全然関係なくて、こっちに来て友達になったフランス人の友達に教えてもらった言葉で、You Only Live Once(要は、「人生は一度きり」という意味です。読んでくれる人の中には、知っている人もいるかもしれませんが)これに続く意味は人によって変わるし、この語感が日本語のよろしくの短縮語にも似ていて、とても好きな言葉になりました。
 タイトルにも書いたので、一応Fikaにも触れておきます。これは、ちゃんとスウェーデンの文化です。インターネットでFikaと検索すれば出てきます。簡単にいうとコーヒーと甘いお菓子(パンや、チョコなど)を食べながら、休憩したり話したりすることです。僕はコーヒーも甘いお菓子も休憩も好きなので、非常にFikaを気に入っています。本音を言えばサンドウィッチやポテトチップスとかも出してくれるとなお嬉しいとたまに思いますが、それらなしでも僕は本当に気に入っています。スウェーデンに到着してまだ2週間ですが、オリエンテーションや授業の休憩Fikaを合わせるとタイトルに書いたFikaの数になります。写真を撮るのを忘れてしまったので、お詫びに大学で見かける動物たちの写真を3枚載せておきます。
 今までの2週間を言葉で表すと、「色々楽しい」です。パーティーして楽しいし、フットサルして楽しいし、もちろんFikaして楽しいし、人と違うことに寛容で楽しいし、入学式みたいなイベントではみんなで踊って楽しいし、外で歌っていてもあまり気にせず、なんなら一緒に歌ってくれて楽しいし、気持ちのいい気温と自然で昼寝して楽しいし、僕の住んでいる寮ラピスでは火曜の夜10時くらいに叫ぶ伝統があってみんな叫びだして楽しいし、寮の近く歩いて5分くらいのビーチでは9月でも女性も男性も上半身裸で泳いでいて楽しいです(今の所一番カルチャーショックでした)。とりあえず色々楽しいです。

 日本で準備しておいた方がいいのは、まずなによりヨーロッパ用のコンセント変換器を忘れず買って持って来ることです。無いととても困ります。困っています。
 もう一つは、英語の会話に慣れておいた方がいいです。分からなくても楽しいですが、度々もっと英語が流暢にできるか相手が日本語を話せたらもっと楽しいだろうなと思ってしまいます。僕は、友達に日本語を教えて喋れるようになってもらおうと考えています。
 とりあえず、楽しいです!日本食が恋しいです!また途中経過報告します! では!

(step2.もう半ばです。)卵かけごはん

【2019年2月4日報告】

留学先の風景2-1留学先の風景2-2留学先の風景2-3留学先の風景2-4  Hej! ストックホルムに来て5ヶ月経ち留学の折り返しを迎えました、中山亜蘭です。スウェーデンに来てよかったなと思っていることの一つが、スウェーデンは世界でも少数派の、生卵が食べられる国だということです。僕はタイトルの通り卵かけご飯が大好きなのですが、朝ごはんは、ほぼ毎日卵かけご飯です。ヨーロッパへの留学を考えている方で、もし卵かけご飯を食べたいという場合はスウェーデン産の生卵がお勧めです!

 1セメスター終了した今、ようやくこちらの生活や授業にも慣れてきたように感じます。未だに授業等で読む資料のアカデミックイングリッシュには苦戦していますが、だんだん改善されてきているように思います。授業にも慣れて、ストックホルム大学の授業数自体が少ないのもあって自由な時間は結構多いので、友達と料理をしたり飲みに行ったりすることも多いです。現在は、前のセメスターが終わって仲の良かった友達の多くが帰ってしまったので、また友達作りに励んでいるところです。僕はたまたまオリエンテーション期間に高熱が出てしまってあまり参加ができなかったのですが、よほどの理由がない限りオリエンテーション期間はできるだけ参加したほうがいいと思います。そこでできるだけ多くの人と出会えば、友達になれる場合もあるし、そこまで仲良くならなくてもクラスなどが一緒になった時に話しかけやすく、何かと助けてもらえたりします。僕も1セメスター目に一番仲の良かった友人はストックホルムに到着して3日目に出会ったイタリア人で、よく一緒にご飯を食べたり遊びに行ったりと多くの時間を共有しました。

 友人に関する話でいうと、留学に行くと「英語をずっと話したいから私は日本人の友達は作らない」という方もいますが、個人的には日本人の友人も大事だと思います。僕が高熱で倒れていた時もとてもお世話になったし、非常に困っていることがある時などは自分の母国語で喋れるというのは安心感があるものです。もちろんせっかく海外にいるので、いろいろな国の人と話すのも新しい発見があって楽しいのでそちらも大切です。要するに友達はできるだけみんな大事にするべきだと思います。子供みたいな終わり方になりましたが、とりあえず現地で楽しくやってる様子が伝わればなと思います。ではまた。