BSA IV の留学生活報告フランス・ストラスブール大学での留学生活報告

国際経営学科 3回生 前川 千帆さん
前川 千帆さん
2018年9月より、フランス・ストラスブール大学でのプログラムに参加
BSA IVフランス

(step1.到着しました。)初めてのヨーロッパ

【2018年9月23日報告】

留学先の風景1-1留学先の風景1-2留学先の風景1-3  留学開始から約3週間が経過しました。初めてヨーロッパに訪れた私は、歴史的な建物に囲まれている街を歩くだけで感動し、見るもの触れるもの全てが新しく、充実した日々を過ごしています。やはり、フランス。英語が通じない場所が多く、初修外国語でフランス語を履修していなかった私には、言語の壁が立ちはだかっています。学校でフランス語の授業が取れるので少しずつフランス語も並行して勉強していこうと思います。ストラスブールには多くの学校があり、学生の街とも言われています。そのため、治安はとても良く、また、フランスの中でも比較的英語を使える人が多いように思います。
 寮の抽選に外れ、11月から入居可能な家だけしか見つけることができなかった私は、初めの1週間Airbnbという民泊サービスを利用して過ごし、その後は友達のシェアハウスにお邪魔して、4人で共同生活をしています。シェアハウスの利点として感じたことは、一緒に料理し食事したり、喋ったり、同じ空間で長時間、共に過ごすため、それぞれの性格を良く知ることができて仲が深まるというだけでなく、文化やマナー、そして価値観などの違いを感じることも多くあり、吸収できることがたくさんあるように思います。他人同士で共同生活するということは難しい面もありますが、シェアハウスしているフランス人はとても親切で(少々オタクな面も感じますが)、頼れる存在であり、毎日がとても楽しいです。ただ一つ問題なのは、フランス人の英語がとても聞き取りにくいということです。フランス語は英語の発音と大きく異なり、例えば「h」の発音をしないため「ハローウィン」は「アローウィン」のように聞こえます。毎日の会話で少しずつ慣れてきてはいますが、難しく聞き返すことが多々あります。しかし、互いに英語を母国語としないため、分からない単語があればその都度調べることができ、分からなければスルーするといったことが少ないため、一つ一つが学びに繋がっているように思います。
 いよいよ今週から授業が始まります。履修登録では、仮登録の結果が多く反映されたため、深く考えずに仮登録した私は少し苦戦しましたが、取りたい授業も無事登録することができました。不安と楽しみが混じり合う複雑な心境ですが、たくさん友達を作って、充実した留学生活にしていきたいと思っています。