BSA IV の留学生活報告フランス・ストラスブール大学での留学生活報告

国際経営学科 2回生 羽田 茜さん
羽田 茜さん
2018年9月より、フランス・ストラスブール大学でのプログラムに参加
BSA IVフランス

(step1.到着しました。)まだまだ、ただの下宿生

【2018年9月23日報告】

留学先の風景1-1留学先の風景1-2留学先の風景1-3  こちらに来て3週間が過ぎました。振り返ると信じられないくらいあっという間でした。この3週間何をしていたかというと……、実はまだほとんどの授業が始まっていないため、お出かけしたりご飯を食べに行ったり、とストラスブールの町を観光客気分で堪能していました。街中に近づけば近づくほどヨーロッパ風の素敵な建物が並んでいて、とても心地よいです。中心にある大聖堂をはじめ、大きな教会が町の中に自然と建っているのを発見すると、とても興奮します。暮らしにおいても、聞いていた通り治安のいい街で、今のところ私はなにもトラブルなく順調に生活できています。ケールというドイツの町にも、ストラスブールの街中に行くのと同様にトラムですぐ行けるので、本場のホットドッグを食べたり、一気に話されている言葉がドイツ語になるのを感じたり、と簡単に貴重な体験ができてとても楽しいです。
 ストラスブールに来て驚いたことの1つに、アジア人の少なさがあります。観光客の日本人を見かけることはありますが、留学生と交流していると圧倒的にEU圏内の人が多いです。彼らは非常に英語が得意で、自分の実力のなさを感じることもありますが、より異文化でより高レベルな環境で学べるここは、大きな成長の場だと感じています。こういった留学生とは学校の学生団体が主催するパーティーなどで知り合い、その翌日留学生の子からお誘いを受け一緒にラーメンを食べに行ったりもしました。
 まだまだ授業はこれからで大変になってくるとは思いますが、精いっぱい食らいつきながら日々を楽しんでいきたいと思います。