BSA II の留学生活報告フランス・ストラスブール大学での留学生活報告

国際経営学科 4回生 香西 吹樹さん
香西 吹樹さん
2018年9月より、フランス・ストラスブール大学でのプログラムに参加
BSA IIフランス

(step1.到着しました。)留学をスタートしました!

【2018年9月26日報告】

留学先の風景1-1留学先の風景1-2留学先の風景1-3  フランスのストラスブールに到着してもう3週間が過ぎ、不便なく(フランス語以外)生活できるようになりました。私はフランス語を今までに勉強したことがほとんどなく、ほんの少しの単語しか知りませんし、もちろん話すことなんてもってのほかです。フランスに来る前には、空港からの電車のチケットや寮の手続き、フランスでの生活に対して不安がありましたが、思った以上にフランス人は英語を話すことができ、駅の券売機などはフランス語・英語・ドイツ語・スペイン語に対応していたので意外と簡単に操作できました。
 授業については、登録フォームがなかなか複雑であり、また受講したい科目を取るためにみんなが一斉に登録をするので、日本でプレ登録をする時にあらかじめ受講計画を立てておいた方がいいと思います。
 履修登録後から授業開始までに2〜3週間の時間がありますが、その時間をどのように過ごすかが重要になると感じました。私は、日帰りでロンドンへ行きサッカーを見たり、学生委員会主催のパーティーに積極的に参加し、友人の数を増やそうと試みたりしました。またドイツのケールという町が隣にあるため食事をしたり、買い物に行ったりしました。

(step2.もう半ばです。)楽しく過ごしています。

【2018年11月5日報告】

留学先の風景2-1留学先の風景2-2留学先の風景2-3  10月に入って授業も本格的に始まり、やっと望んでいた留学生活が始まりました。授業は1回あたり3時間から4時間あり、たいへん密度が濃く、手強い課題や突然与えられるグループプレゼンテーションに苦戦しています。しかし、どれもやりがいがあるので、そこまで苦ではありません。数ある授業の中でもフランス語の授業には、手こずっています。数の数え方や文法は英語と全く違うので頭の中が何度も真っ白になっています。
 私生活では、友達もどんどん増え、仲のいいメンバー(ドイツ人・イギリス人・ポルトガル人・フィンランド人・日本人)で授業が終わった後に集まって談笑しています。また、毎週火曜日にはそのメンバーの誰かの家に皆で集まって夕飯を作り食べることがなぜか恒例行事になっています。そのメンバー以外にも、学部の違う様々な人たちとパーティーに行ったりしています。とてもいいメンバーに囲まれており、1つ1つの出会いを大切にしないといけないと感じています。さらに秋セメスターの中間に1週間の休みがあったため、ローマ観光に行き、イタリア人の友人の家にお邪魔しました。フランスとは建物、言語、人々の性格も違いとてもいい経験になりました。ストラスブールからローマまで、バスで往復130ユーロなので気軽に行くことができました。
 最後に、ストラスブールの気候ですが、10月半ばを過ぎた頃から一瞬で冬の気候になりました。予想以上に寒く、ヒートテックとコートが欠かせません。