BSA IV の留学生活報告ドイツ・アーヘン応用科学大学での留学生活報告

国際経営学科 2回生 玉井 佑樹さん
玉井 佑樹さん
2017年9月より、ドイツ・アーヘン応用科学大学でのプログラムに参加
BSA IVドイツ

(step1.到着しました。)ドイツの最果てにて

【2017年10月19日報告】

留学先の風景1留学先の風景2留学先の風景3留学先の風景4  現在、私が日本を出発して1ヶ月と2週間が経ちました。現在のドイツの気候は非常に生活しやすいものであり、これから冬に向けて気温が下がっていってしまうと考えると少し憂鬱です。
 私が生活しているアーヘンという街は非常に過ごしやすいところであり、あまり不便を感じることはありません。街の大きさもそれほど大きくなく、私の寮や大学から街の中心部や駅まで徒歩で行くことが可能です。さらに、大学から支給されるセメスターチケットがあれば市内のバスや州内であれば電車が無料で利用できるので、デュッセルドルフやケルンなどの大都市にも気軽に行くことが可能です。また、ヨーロッパ各地への便が発着する空港が州内にあるため、休みの時は旅行に行くことも容易です。私を含め多くの留学生はドイツ語講座が終わった後の2週間ほどの休みを利用し旅行をしていました。
 そして、大学の授業に関してですが、到着後に行われたドイツ語講座は基礎から教えてくださるのでとても勉強になりました。また、他の国から来ている留学生とも交流が持つことができるのでドイツ語の勉強だけでなく、英語を使ういい機会であるとも思います。正規の授業は今週から始まったため、まだ詳しく説明することは難しいですが、英語が基本で、オンライン上から授業で使用された資料が閲覧可能でもあり、大変復習しやすくなっています。
 これまで述べて来た様に、アーヘンは生活、勉強共にし易い環境ですので、私にとって最適な留学先であると言えるでしょう。