BSA II の留学生活報告中国・大連外国語学院での留学生活報告

※「大連外国語学院」は「大連外国語大学」に名称変更となりました。

国際経営学科 中国語コース 2回生 秋本 麻里菜さん
秋本  麻里菜さん
2011年9月より、中国・大連外国語学院でのプログラムに参加
BSA II中国

(step1.到着しました。)3週間が経過しました

【2011年9月26日報告】

留学先の風景1留学先の風景2留学先の風景3 中国へ留学してから、約3週間が経過しました。中国での生活にも徐々に慣れてきて、世界各国の友達も多々できました。
毎朝8時30分から授業が始まり、お昼には授業が終了するため、午後からは自分たちの時間を過ごしています。時には、予習や復習・テストに向けての勉強をしたり、新しくできた友達と外に出かけたりと、充実した日々を送っています。
現時点では、大連での生活には慣れてきたものの、自分の中国語力にまだ自信が無いため、遠出をしたり新しい場所に行ったりすることが出来ていませんが、もう少し時間が経って、自分の中国語力に自信がついたらいろいろな所に行ってみたいと思っています。
授業はオール中国語で行われ、何を言っているのか分からない時もありますが、これからしっかり勉強して、授業中の話が全て聞き取れるように努力していきたいと思います。
留学が始まって約3週間、無事に過ごせているので、このまま留学終了までがんばりたいと思います。

(step2.もう半ばです。)折り返し地点です!

【2011年11月28日報告】

留学先の風景4留学先の風景5留学先の風景6 留学生活も約半分が終了しました。留学初めのころに比べると、自分の中国語力にも少しは自信が持てるようになりました。中国人の友人との会話も、以前よりはスムーズに出来るようになりました。
まだ、自分の言いたいことが100%中国語に訳せるわけではありませんが、中国語に訳すスピードは格段に上がったと思っています。クラスの友人との仲も深まり、楽しい学校生活を送ることが出来ています。
11月の上旬に期中テストを終え、留学としては1つの折り返し地点を迎えました。期中テストでは、学習の成果が発揮できたのではと感じています。現在は、留学終了に向けて学習を進めている最中です。
また、12月の中旬からはインターンシップへの参加を予定しています。まだ、どのような企業でインターンシップを行うのか詳細は決まっていませんが、インターンシップを通してさまざまな経験をし、中国人や中国文化を理解するという面で役に立てたらいいな、と思っています。インターンシップ先では、多くの中国人と関わることになり、さらには日本語が通じないという状況になると思います。そのような環境の中で、さらに自分の中国語力を伸ばすために努力していきたいと思います。
留学終了まで残りの時間が少なくなってきたので、充実した日々を送りたいと思います。

(step3.もうすぐ帰国。)留学生活が終わりました!

【2012年1月10日報告】

留学先の風景7留学先の風景8留学先の風景9 留学生活が終わりました。約4カ月にわたる留学中は、あっという間に過ぎて行きました。最初こそ中国や中国語に対して不安しかありませんでしたが、だんだんと慣れていくにつれて、不安も薄れていき楽しく生活を送ることができるようになりました。中国留学へ参加したことで、中国語の向上という目標を達成できただけでなく、世界各国、さまざまな人たちと友達になることができ自分のネットワークを広げることができました。
また留学生活の後半は、インターンシップに参加しさまざまな経験をさせていただきました。インターンシップに参加することで企業に入って、中国の方が実際に働いている姿を見ることができました。わたしは、インターンシップに参加する前、中国の方々の仕事に対する態度へ勝手なイメージを持っていました。確かに、日本人の私からすると常識から外れているようなこともありましたが、多くはいい意味でイメージを覆されました。皆さんとても仕事熱心で、規定時間終了後も会社に残って仕事をする姿が見られました。インターンシップに参加して、普段出会うようなことがないような、社会人の方々と出会えたのも、今回得たものの中で大きなものではないかと思います。
留学生活はさまざまなことがありましたが、本当に充実したものとなりました。4か月という時間はあっという間で、もう少し残りたいという気持ちもありましたが、短い時間でも多くの経験ができ良かったです。留学に参加して本当によかったと思いました。